龍谷大学 法学部  創設40周年のあゆみ

あいさつ 法学部教育 カリキュラムの変遷
学生数の推移 法学部専任教員 大学院教育
諸課程 学生法律相談部 法学会

あいさつ

創設の理念を発展させ、40年を超えて新たな歴史を!

法学部長 高橋 進

龍谷大学法学部は1968年4月、「平等、自立、内省、感謝、平和」の本学の建学の精神に則り、日本国憲法がうたう平和、民主主義、人権という理念を教育の基本方針として創設されました。当初は法律学科だけでしたが、1992年に政治学科を設置し、現在では1学年450名、総計1,960名の収容定員を擁する法学部となりました。

学部教育の充実だけでなく、1972年に大学院法学研究科、2005年に法学部を母体に法科大学院を設置し、大学院教育でも充実発展を遂げてきました。また、課外教育ですが、1977年に法学部が中心的役割を果たして矯正課程(後に矯正・保護課程)や法職課程が設置されました。

この40年間の学部・大学院の卒業生は約19,500名を数え、社会の諸分野に有為の人材を送り出してきました。民間企業はもちろんのこと、弁護士、税理士、司法書士、裁判所事務官、大学教員などの専門職、国家・地方公務員、福祉団体やNPO職員、国会議員、地方議員など、社会の多様な分野でしっかりと根を張って活躍する人々が育ってきました。ゼミナール連合会、学生討論会、クラスサポーターなど学生の自主活動も活発になってきました。

創設された1968年はベビーブーム世代の大学入学期であり、翌年には全国の大学で大学紛争が起き、龍谷大学でも大学が封鎖されるということがありました。1期生はいわゆる団塊の世代であり、そろそろ職場においては定年を迎えようとする時でしょう。この誕生期、「形成期」の70年代・80年代、90年代の「発展期」を経て、2000年代の「激動と飛躍期」の時代に入りました。高度成長、冷戦の終焉、そしてグローバル化、地球環境問題と国内外の格差社会化など、私たちはその時代時代の課題に取り組み、教育・研究の発展に邁進し、着実な成果を挙げてきました。それには、同窓会の皆さんのご支援によるところが大でありました。

創設40年を迎えた今、歴史をふまえ、創設の理念をいっそう発展させ、新たな歴史を切り開くこと、そして新たな挑戦を進めることが求められています。教職員一同、この課題に全力で取り組む決意です。

このページのトップへ
龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111 FAX 075-642-8867
E-mail:
webmaster@ad.ryukoku.ac.jp
Copyright(C) 1996- Ryukoku University All Rights Reserved