特色ある科目

法学部では、様々な専攻科目を用意しています。ここでは、その中でも本学部の特色となっている科目を紹介します。

法律実務論

夏期休業期間中の約1ヶ月間、法律事務所で法律実務に触れます。訴訟など弁護士の仕事を間近に見ながら、社会にどのような問題が生じているのか、その解決に法律が実際にはどう使われるのかを知ることができます。

法律事務実務I

法律事務所の事務職は、裏方に徹した仕事ですが、法律の知識を生かせるやりがいのある職業です。この科目は、法律事務所や企業の法務部門などで働きたい学生が、実務家から具体的な民事手続を学べる貴重な機会です。

中国政治論

グローバル化の波に乗り“世界の工場”として高度成長を遂げる中国が「このまま発展するか」の答えには不安定要素が多く、その理由の1つが政治体制の問題です。東アジア現代史の中で中国政治の実態を複眼的、総合的、批判的に分析します。

アフリカ政治論

政治的民主化と経済的再建が進むアフリカには、変革の風が吹いています。しかし内戦や貧困、飢餓などの困難を抱え、平和が脅かされているという現実も無視できません。「21世紀はアフリカの時代」といわれるアフリカから世界を読む講義です。

このページのトップへ戻る